1型糖尿病(IDDM)を娘に持つ父親のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 命の値段

<<   作成日時 : 2017/10/04 11:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、昨日は10月の定期通院。
2学期も無事に学校生活を送ることができ、血糖値もだいたい150以下で抑えることができ、夏休みのグーダラ生活から改善しているのでHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値も前回の「6.9」から改善されるだろうとの期待でしたが・・・


結果「7.0」
悪化しとるやんけ・・・

インスリンを増やせば低血糖になるし、増やさないと長期的には重度の病気を併発してしまうのでこのジレンマとの戦いですね。

さて、今回はいよいよ保険が適応されることになった「FreeStyleリブレ」を装着することになりました。 2週間リブレは15分ごとにグルコース値を計測して、グルコース値の上昇や下降傾向、いつもは計測することができない真夜中の血糖値の動きがわかる品物です。現在、食事の内容をみて、おおまかかにカーボカウントをして超即効性インスリン(ノボラピット)を打っているのでそれが正しいか、基礎インスリンが不足していないかを調べて改善を図ることができればいいなぁと期待しています。

今回の通院から小児慢性の限度額がアップしたのにともない、上限いっぱいの1万円が飛んでいきました。10割負担だと、受診+機器(リブレや血糖測定の消耗品)+投薬(インスリン注射や注射針)で7万。本来ならその3割だから2万1000円を支払うことになります。
これが毎月の命をつなぐための値段になります。20歳までは小児慢性で国から援助がるのですが、20を超えると全額自己負担。
どうにかならないものかなぁ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命の値段 1型糖尿病(IDDM)を娘に持つ父親のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる